倉庫リノベーションのメリット・デメリット

倉庫リノベーションのメリット・デメリット

倉庫リノベーションとは

使われていない倉庫をオフィスや居住スペースに作り変える「倉庫リノベーション」が近年注目を集めています。倉庫は広い空間に装飾のないシンプルな内装ゆえにレイアウトが自由ということもあって、倉庫リノベーションを検討する個人や企業が増えているそうです。

巷では「倉庫カフェ」も登場しており、倉庫リノベーションを逆手に取った斬新アイデアも登場しています。今回はそんな倉庫リノベーションについてメリットとデメリット、そして施行相場を解説します!

倉庫リノベーションのメリット

倉庫という空間を活かすからこそ得られるメリットは多くあります。このメリットを知ればなぜいま倉庫リノベーションが人気があるのか見えてくるでしょう。

レイアウトが自由自在

倉庫は広々としたひとつの間取りが設けられており、空間を仕切る衝立(ついたて)や壁がありません。ですから空間のレイアウトに非常に融通がききます。部屋の数や広さ、どの部屋をどのように配置するのか、自分だけのオリジナル空間を作り出せます。

倉庫ならではのテイストが活かせる

築年数の古いような倉庫を真新しく改装するのもよいですが、長い年月の中でできた汚れや傷はそのまま残すことで、古さはオシャレを演出する装飾品となります。古民家風やモダンテイストな居住スペースや飲食店を目指すのであれば、あえて年季が入っている倉庫を選ぶことで他にはないような味を出せるでしょう。

安く借りられる

中古物件や貸テナントに比べて、安く借りられるのも倉庫の魅力です。特に都心部だとテナント料は固定費として月々の経費となるため、なるべく低コストで抑えたいですよね。倉庫であれば同じ広さもしくはそれ以上の広さであっても、同じ広さの物件と比べてリーズナブルな場合もよくあります。広い敷地ながら手の出しやすい点も倉庫を使う大きなメリットです。

工事費が抑えられる

リノベーションというと費用がかかるイメージがありますが、中古物件と比較すると倉庫は安く済むケースがほとんどです。倉庫の場合は張り替えるへき壁面や床面が限られていること、仕切り壁や梁が少ないという構造上リフォームの解体時に取り除く作業が少ないことからも解体費用がかさばりません。また取り外す際に高度な技術も必要ないことからリフォーム費用が低く収まることもあります。

通常建物の内装と設備全体を変えるスケルトンリフォームをおこなうと、新築物件の三分の一~三分の二 程度の費用が相場となります。一方、倉庫は設備と内装が別々で設計してあることも多く、スケルトンリフォームの場合でもそこまで多額の費用をかけずに依頼が可能となります。

広々とした空間

倉庫というと狭苦しい密閉空間をイメージするかたもおおいかもしれません。しかし近年の倉庫は一般的な住居と比べても天井が高く設置してあったり、意外にも床面積も広かったりと店舗・オフィスを構えるうえでは申し分ない空間を確保できます。空間が広いことで部屋のレイアウトの自由度があがり、思い通りの空間づくりを楽しめるのも倉庫リノベーションのメリットです。

倉庫リノベーションのデメリット

続いて倉庫リノベーションのデメリットとなる部分について紹介します。このデメリットは倉庫活用を考えているのであれば「注意点」ともいえるポイントですので合わせてチェックしてみてください。

電気・ガス・水道がない

倉庫は物を置くことを目的にして作られているためほとんどの場合は電気、ガス、水道は通っていません。場所によってはコンセントが備え付けてあるものありますが、店舗経営やオフィスとして活用する際には不十分であることが多いため増設の必要があります。インフラ設備の工事が必要であることは念頭に入れておいたほうがいいでしょう。

設備増設が必要

倉庫にはお風呂場やキッチンなどの水場がついていないことがほとんどです。倉庫を居住用としてアレンジをするのであれば、あらかじめ増設費用も予算に考えておく必要があります。

窓が少なめ

物を保管する役割の倉庫は一般的に日が当たらないような作りになっており、窓が付いていないことも多くあります。飲食店やオフィス、居住スペースとして使うなら日が当たるほうがよいということもあるでしょう。窓のほかに倉庫は間口が狭いという問題もあります。

物置として活用されていた物件であれば人の出入りには困らない程度の間口がありますが、そうではない場合間口が狭く居住や店舗向けでないことも多々あります。そのため間口が狭いときは工事によって調節することも考えなくてはいけません。

新しい窓の取り付け工事が必要だが工事費をあまりかけたくないというかたは、照明を取り入れば室内の明るさを確保することは可能です。この場合窓の取り付け工事と比べて多額の費用をかけずにすむこともあります。

工業エリアであることも

リフォームを検討している倉庫が工業専用地域にあれば注意が必要です。工業専用地域では倉庫を居住用や飲食店に改築することができません。

ですから倉庫リフォームを検討中であれば、希望の倉庫がどんなエリアに属しているのかも大事な検討要素になります。倉庫購入後に実は工業専用エリアだった、ということがないようにこの点は事前に確認をしておきましょう。

気密性が低い

倉庫を利用するうえで注意したいことが気密性の低さです。気密性は建物のすき間をさすもので、気密性が高いとすき間が少なく断熱性や冷却性に優れていることになります。この点倉庫は気密性が低いことで外の温度に左右されやすく夏は熱く、冬は寒くなる傾向があります。

特に倉庫を居住スペースもしくは飲食店へのリノベーションを検討しているのであれば、室内の居心地の良さにも関係することですので気密性は把握しておきましょう。気密性を補完するためには断熱工事を行ったり、冷暖房設備を整えるといった対策を取れば気密性の低さが気にならない程度まで機能を強化することもできます。

倉庫中にも種類がいくつかあり、過去に食料品を保管していたような倉庫は断熱性や冷却性が高いものが多いです。倉庫が過去にどのような目的で使用されたのか知ることも気密性を把握するヒントとなるでしょう。

倉庫リノベーション活用事例

倉庫のリノベーション事例として住宅、店舗、オフィスがあります。場所が確保できる倉庫だからこそ開放的な空間を作り出せるのが倉庫リノベーションの真骨頂といえます。ここからはそんな倉庫の特性を生かした活用事例を紹介していきましょう。

住宅

倉庫を住宅としてリノベーションすることも非常に人気がある事例です。倉庫の中には何も装飾をしなければ鉄骨や配管などがむき出しとなり味気ない印象があります。ですが住宅として活用するときにあえて鉄骨部分やダクトを裏に隠さずに残すことでモダンな空間を演出してくれ、インテリアの一部となることも。もとの素材を生かすことで費用がかさみがちなリノベーションコストを抑えることも期待できますね。

また天井が高く広々とした空間がある倉庫であれば、その構造を生かして吹き抜けやロフト、二階を増築し、室内レイアウトに幅を持たせることもできます。遊び心のある居住空間を生み出し間取りを自由にレイアウトできるのも倉庫リノベーションの楽しみです。

店舗

倉庫を活用して店舗としているカフェやショップも最近よく見かけるようになりました。倉庫がこういった店舗として人気が高いのは建物の古さもアンティーク長の雰囲気を演出してくれるからでしょうか。使い古されたような外壁や内装塗装は照明の当てかたや店のレイアウト次第で新築には出せないような味となって店の雰囲気を引き出してくれます。

オフィス

あの有名なIT企業Appleも最初はガレージからスタートしたと言われています。それだけオフィスとオフィスの相性はよいのかもしれません。特にスタートアップや新規事業を起こす会社にとって初期費用としてのオフィステナント代は抑えておきたいところです。内装装飾が必要ない倉庫であれば莫大な費用を投じずに済み経済的で、ある程度の広さを確保できる点からも人数を収容できるメリットがあります。

倉庫リノベーションの相場

倉庫をリノベーションする費用の相場は、工事の規模やリノベーション範囲によって差が発生します。内装だけの工事なのかまた外装も含めた大掛かりな工事なのかによって必要経費は上下するでしょう。

住宅や店舗用にイノベーションをおこなう場合はキッチンや風呂場などの取り付け設備が多くなり費用がかかる一方でオフィスではそういったインフラ設備への費用がかからないため比較的低コストでリノベーションが可能です。

内装工事だけというような小規模工事であれば相場はおおよそ500万円から700万円程度が相場となります。一方でインフラ設備の取り付けや、規模の大きな改装工事を必要と場合は間取りの広さにもよりますが、おおよそ500万円から1500万円程度の費用がかかります。室内のグレードによっては2000万円以上かかるケースもあるため施行会社と連絡をとりながらすすめていきましょう。

まとめ

今回の記事では今話題の倉庫リノベーションについてお伝えしました。倉庫リノベーションにはたしかにインフラ設備がないことや窓が少ないというデメリットはありますが、今ではホームセンターなどで後付けのキッチンもお手軽に購入できますし、窓がなくても照明で明るさを確保することも可能です。ちょっとした工夫ひとつで解消できるようなものばかりのためデメリットもさほど気にならないのではないでしょうか。これから倉庫リノベーションをするかたは記事を参考にいただきぜひ楽しい倉庫ライフをお過ごしください。

倉庫探しコンシェルジュ

ご希望条件に合う倉庫をお探しします。 作業場、ガレージ、事務所、アトリエ等をお探しの方もご連絡ください。

検索